令和5年度広報・啓発イベント(3月20日)のご案内

←クリックするとPDF版チラシが閲覧できます

令和6(2024)年3月20日(水・祝)、京都市(JR京都駅前)のキャンパスプラザ京都において、日本自立準備ホーム協議会の広報・啓発イベントを開催します(京都大学大学院教育学研究科との共催)。

本イベントは、法務省、京都府、京都保護観察所、京都更生保護施設連盟、京都府更生保護協会、京都府保護司会連合会、京都府更生保護女性連盟、京都BBS連盟、京都弁護士会、京都新聞の後援をいただいております。「共生社会を創る愛の基金」からの助成を受けて開催します。

本年度は、映画「記憶2」の上映会と、「自立準備ホームをめぐるトークセッション」を行います。

映画「記憶2」は、2019年7月に公開された女子少年院の少女たちのドキュメンタリー映画「記憶」の続編です。自らも少年院出院者である監督の中村すえこ氏が、今度は男子少年院で、少年の心の声に耳を傾けました。少年たちはなぜ犯罪を繰り返すのか? 犯罪に巻き込まれていく背景には何があるのか? 私たち大人は、彼らにどう向き合えばよいのか? この映画をご覧になり、そのようなことを深く考えるきっかけとしていただければと思います。

映画上映の後は、中村監督を交えて、自立準備ホームをめぐるトークセッションを行います。罪をおかした人びと(特に少年や若年者)の立ち直りにおける現状と課題について、知っていただければ幸いです。

入場は無料です。お誘い合わせの上、お越しください。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

なお、参加には事前申込みが必要です。満席になり次第締切りますので、お早めにお申し込みください。

◆開催日時 令和6(2024)年3月20日(水・祝)13:00~17:00

◆会場 キャンパスプラザ京都(JR京都駅から徒歩5分) 4階 第3講義室

◆申込方法 こちらの申込フォームより、お申し込みください(先着130名)。